タカハシクリーニング 次男坊
Hair`s Piece 渡部さん

洗う。

この言葉には汚れを落とすだけでなく
『心が洗われる』というように
“心を清々しくさせる”意味もあります。
クリーニング屋は
前者に注力することはもちろんですが
心が清々しくなるように…というお客様への想いが

まず大前提にあります。
“洗う”ことに関して言えば

汚れを落とすということは

あくまで結果でしかありません。

つまりは汚れを落とすことが目的ではなく
お客様の“心”にどれだけ寄り添えるか…
これが我々の目指すクリーニング業です。

もちろん汚れを落とす事は大切ですが
我々がクリーニング業をする上で話をするならば
“洗う”ということはそれ以上に

大切なものがあると思います。

 

そして“洗う”ことに関して一番顕著なのが
“(美容室の)シャンプー”ではないかと思います。
直接、リアルタイムで感じられる“洗う”ことは
一番身近で、誰からも愛される

“洗う”ではないでしょうか。
ということで今回は衣類ではなく、髪を洗う人
Hair`s piece代表の渡部拓也さんに話を聞いて
“洗う”ことを改めて考え、学びたいと思います。


次男坊 :今日は【洗う】こと、シャンプーについて
     渡部さんに伺っていきます。

     まず本題に入る前に美容室は空間での

               雰囲気作りが重要だと思うのですが

     内装を作るにあたってイメージしてたものって
     何かありますか?
渡部さん:ん~、言葉でうまく伝えられるか分からないけど
     具体的に内装をどうこうってより、イメージとして
     あんまり偏らないお店づくりを心がけた。
次男坊 :偏らないお店…
渡部さん:強いて言えば、アットホームなお店。
     あまり個性が強いお店ではなく
     地域にどれだけ溶け込めるか…。
     つまり幅広い年齢層を取り込んでいくための
     アットホームなイメージが第一にあった。
     誰もが抵抗なく入れるお店にしたかった。
次男坊 :ではデザイン的な要望は特にしなかった?
渡部さん:内装の色味でいうと、まずベースに

     “アットホームなお店“のイメージがあったから
     自然とギラギラしない、落ち着いた色味になった。

     自分がどうしたいってより
     お客様の居心地が良いことが大切だから
     自分のこだわりというのは特になかった。
     ただ癒される空間は作りたかったから
     シャンプー台の方の照明は間接照明にして
     少し暗めの設計にした。     
次男坊 :なるほど。内装の色味はとっても落ち着いて

     居心地がいいです。
     実はシャンプーを気持ちいいと感じるのは
     きっとそういう環境づくりにも

     影響があるのかなぁと思いました。
渡部さん:そうだね。環境でいえば照明以外にも

     音楽や香りなんかもあるよね。
次男坊 :香りも…
渡部さん:アロマも炊いたりして

     お客様にとって良い環境づくりは心がけている。
次男坊 :ではシャンプーの際の環境づくりに関して

     我々が座る椅子にもこだわりはありますか?
渡部さん:こだわりとはちょっと違うけど
     まずおおまかにシャンプー台には2種類あって
     (お客様が)横になってするシャンプーと
     座った状態で洗うバックシャンプーがある。
     リラックスできることをまず第一に考えると
     横になって眠れるようなシャンプーをしたいので
     寝るタイプの椅子を選ぶ。

     椅子に関してはそのくらい。

     とにかくシャンプーにおいては

     寝たいお客様も多いと思うから
     リラックスできるものをポイントとして選んだ。

Hair`s piece シャンプー台

なんとも雰囲気のある椅子。座り心地がとてもいい。


Hair`s Piece 代表 渡部さん

こちらが渡部さん

シャンプーの秘密兵器 詳しくは渡部さんに聞いてみてください

Hair`s Piece 施術の様子

お客様とのコミュニケーションをとても大切にしています

次男坊 :いよいよ本題ですが、我々クリーニング業においては
     洗うことはまず汚れを落とすことが目的になりますが
     美容室においてシャンプーはどんな位置づけですか?
渡部さん:まずシャンプーは汚れを落とすことが大切だけど
     マッサージ、髪の毛のケアなど
     いろいろな要素も含まれている。
     なのでそれらをすべてひっくるめてシャンプーとは
     お客様に“リラックス”をしてもらう時間だと思う。
     よくよく考えると

     美容室でリラックスできる時間て
     シャンプーくらいしかない。
     その他にはシャンプーによって

     お客様の髪の特徴を探ることが出来る。

     これも重要なシャンプーの役割。
次男坊 :それでは汚れを落とすことに関しては

     それほど重きをおいてない?
渡部さん:そうだね。汚れはある意味

     シャンプー剤そのものの力で

     十分落としてくれる。
     それほど汚れを落として洗おう!

     という感じではない。
次男坊 :石鹸の力を利用するその考えは

     クリーニングと同じ様な気がします。
     今の話はクリーニングでいうところの

     “つけ置き洗い”と考え方が似ています。

     これは衣類に一番負荷をかけないので
     衣類にやさしい方法です。
     ちなみに洗い流す水には

     炭酸泉を使っているそうですが…    
渡部さん:通常のお湯を使うより炭酸泉を使って流すほうが
     汚れの落ちが全く違う。皮脂も十分落としてくれる。
     炭酸泉を頭皮に当てるだけで十分。
次男坊 :ゴシゴシこすらなくてもいいんですか?
渡部さん:少なからずお湯よりはこすらなくてもいい。
     撫でるくらいの感じで流している。
     カラーやパーマ後のシャンプーでは

     頭皮に残らないようしっかり落としてくれる。
次男坊 :まさに万能水ですね。
     もしかしたら洗濯でも効果あるかもしれないですね。
     ところで美容師さんがやるシャンプーは
     一人一人特徴があって(洗い方など)

     渡部さんもこれまでの経験の中で身につけたものが

     今のスタイルに繋がったと思いますが

     それまでの過程で何か印象的なことがあったら

     教えてください。発見したことなど…。
渡部さん:印象的…、なんだろう…。
     シャンプーにおいて汚れが落ちたかどうかより
     お客様にとっていかに気持ちよかったか…
     という事の方が重要だと気付くのは
     ある程度経験しないとなかなか気付けなかった。
     やはり初めは汚れを落とすことに重点をおいていた。
     いろいろなお客様と触れ合い感想をいただく中で
     『気持ちよかった』という言葉はやはり心に残ってる。
     というかだいぶ昔のことであまり覚えてない(笑)
次男坊 :他にお客様にシャンプーについて

     何か言われたことはありますか?
渡部さん:なんだろうなぁ…

    『指先の感触がいい』と言われたことはある。
次男坊 :それは意識的に普段のシャンプーで

     心がけてやっていることなのでしょうか?
渡部さん:いや、無意識なんだけど、力加減なのかなぁ…。

     なかなか口でうまく説明ができない(笑)
     でも何度か同じお客様に触れていると

     それぞれお客さんにとって
     気持ちいいシャンプーのポイントは徐々に見えてくる。
     そして最終的にはお客様に寝てもらう。
     これが自分のシャンプーで目指すところ。
次男坊 :たしかに気持ちいいの最終形は寝てもらうことですね。
     クリーニング業でも着て感じてもらう気持ちよさを
     もっと提供したいです。

     着たら眠くなっちゃうような(笑)
     ところでリラックスする上で必要不可欠なのが
     美容室のシャンプー剤。
     pieceさんのシャンプーは香りもまたいいんです。
     シャンプー剤は渡部さんが選ぶのですか?
渡部さん:うん。お客様の層、髪質などに合わせて何種類かある。
     主に頭皮のケアをメインにした

     シャンプーを使っている。
次男坊 :こういうシャンプーを使うのは
     渡部さんがホームページでおっしゃっていた
     『お手入れしやすいキレイな素髪を目指します』
     と関係があると思うんですが、まず“素髪”?
     これは“すがみ”と読むんですか?
渡部さん:うん。
次男坊 :これは渡部さんの造語?
渡部さん:多分。分からないけど、あまり聞かないよね?
     思いついて書いたので

     実際の言葉かは確認してない(笑)
次男坊 :これはどういう意味なんですか?ホームページには
    『余計なものが付着していない髪』とありますが。
渡部さん:うん、読んだそのままの意味(笑)
     素髪の状態だとスタイルの幅が広がる。
     分かりやすく言うと

     髪に余計なものが付着している状態だと    
     パーマやカラーが

     イメージするようなスタイルに仕上げづらい。
     なので余計なものをしっかり取り除いて

     素髪の状態に近づける…、
     シャンプーはそういう大事な役割を担っている。
     ここでいう余計なものとは主に“シリコン”。
次男坊 :シリコンは

     シャンプーに含まれる髪をコーティングする成分で
     艶や指通りなどを良くする働きを持っています。
     でも我々が使うシャンプーの中のシリコンによって
     素髪の状態を作れなくしてるということですよね。
渡部さん:そうだね。

     家庭で汚れは落とせても

     シリコンがなかなかきれいに落とせない。

     ここで誤解して欲しくないのは

     シリコンは
     その人にとって必要最低限の量がついていれば
     決して悪いものではない。
     健康な髪の人なのにシリコンがベッタリ付いて
     無駄に髪が重くなったりしていることがある。
     なので“素髪”に近づけるために

     シャンプーで髪の状態をしっかり見て

     コントロールしていくことが

     我々美容師の役目だと思う。

     なのでそういった髪に関するケアは

     (家庭で落ちないシリコンなども含め)

     ぜひ我々に任せてください!と言いたい。



Hair`s Piece 外観

Pieceが一番大切にするのは、お客様の『髪と心の健康』です。
お客様のライフスタイルやニーズや髪の状態に合わせた

ご提案をして
毎日ヘアスタイルをできるだけ楽に
軽やかな気持ちで毎日を過ごして頂けるようサポートいたします。
その為に常に技術の追求をし
新しい情報を提供していきたいと思います。
閑静な佇まいの中、アットホームな空間でおくつろぎ頂けます。
どうぞお気軽にお越しください。
あなたのご来店心よりお待ちしております。


営業時間
AM9:00~PM7:00

定休日

毎週月曜日、第3火曜日


住所 :〒969-3527 喜多方市塩川町御殿場6-51
TEL : 0120-23-5913
URL :http://www.hairs-piece.com/
ご予約:ご予約の方優先です。
駐車場:無料駐車場あり