タカハシクリーニング 次男坊
Hair`s Piece 渡部さん


ちょっとその前に…

前回の対談の様子は

こちらをクリック

Hair`s Piece タカハシクリーニング 対談の様子

左:次男坊 右:渡部さん

次男坊 :それではここからは

     次男坊が個人的に聞きたいことを

     時間の許す限りどんどん聞いていきます。
     そもそも我々がシャンプーする時は
     髪を洗うイメージがいいのか
     頭皮を洗うイメージがいいのか…
渡部さん:頭皮。シャンプーはさっきも話したけど
     シャンプーそのものがその力を持っているので
     やり方としてはシャンプーを髪によく馴染ませて

     泡立てて3~4分置いて

     しっかり流せばそれだけで汚れは落ちる。
     あとはかゆいとかマッサージするときに

     ちょっとこする位。
     決して強くこすらなくていい。
     汚れをこすって落とすよりは

     その刺激で血行をよくするイメージで洗うといい。
次男坊 :では“良い”シャンプーをする為に必要な条件は?
渡部さん:一つは髪をよく濡らす。

     水温はぬるま湯で、だいたい40℃いかないくらい。
     あとは髪を洗う前にブラッシングすると
     ほこりを取り除いたり、おおまかな汚れを浮かしたり
     刺激を与えて血行をよくしたりする。    
次男坊 :スーツでもお手入れのブラッシングで

     十分汚れは取れます。
     髪の毛もある意味繊維と同じだから
     手入れもカタチは違えど、要領は同じですね。
             あとは一日一回のシャンプーは必要ですか?
渡部さん:人それぞれ生活環境によって

     頭皮の状態も違うので

     一概には言えないが
     個人的には一日一回をオススメする。
     やはりその日の汚れはその日のうちにケアしたい。
     皮脂が出て、その皮脂を一晩置いた状態にすると
     酸化してしまう。その状態になるとなかなか落ちない。
     さらには臭いも強くなる。
次男坊 :なるほど。
渡部さん:毎日のケアによって汚れを落ちやすくするので
     つまりはお手入れがしやすくなる。
     汚れがどんどん重なっていく状態は
     髪の毛、頭皮には良くない。
次男坊 :なぜこの話になったかというと
     シャンプーでもクリーニングでも
     極端ですが、そもそも“洗う”行為とは
     ダメージを与える事に違いないんです。
     つまり洗濯で言えば、もむ、たたく、こするなど…。
     ただ洗濯はそれによって汚れを落とすことができるので
     それをより少なく“低刺激”で処理できるかが
     我々洗濯屋の目指してる“洗い”なんです。
     なので極端ですが一日一回頭を洗う事に関して
     それほど必要性を感じなかったのです。
     とは言いつつも私は一日一回洗ってますが(笑)    
     渡部さんはどのように考えますか?
渡部さん:洗濯屋さんの考え方は確かに当てはまっていて

     よく分かる。
     ただ髪と衣類で比較した場合
     ちょっと違うのは髪は生えかわる。
     頭皮だってターンオーバーしてるし
     たとえこすったとしても生きてるものだから
     それはまた繰り返し生まれ変わっていく。
     髪も刺激を与えても

     いずれは切ってしまうものなので
     そこまで(そのことに関して)意識してない。
     確かに繊維は生まれ変わらないよね。
次男坊 :湯シャンもその考え方だと思うんです。
     湯シャンてシャンプーやトリートメントを使用せず
     お湯だけで洗髪することですが
     これによって皮脂の落としすぎを防ぎ
     シャンプーを低刺激に抑えて髪を健康に保つ。
渡部さん:いろんな見解があるのでこれが正しいとは言えないが
     個人的な考えで髪や頭皮を清潔に保つには
     普通にシャンプーするのが一番いいと思う。
     さっきも話したが、お湯では落ちない汚れも十分ある。


次男坊 :なるほど。勉強になります。
     ところで渡部さんのサロンワークの一つに
     『お客様にとっての手入れのしやすさ』が

     ポイントにあるとホームページで拝見しました。
     そこでシャンプー後のことなのですが
     スタイリングをうまくもっていくために
     ドライヤーが必要不可欠になると思いますが
     ドライヤーを家庭で利用する際に
     なにかポイントを教えてください。     
渡部さん:とにかく目的である『髪を乾かす』という作業を
     徹底してやっていく。

     濡れた状態では菌が繁殖しやすいのと
     摩擦などの刺激によって髪が痛む原因になる。
     ポイントは地肌が完全に乾いたかどうか。
次男坊 :ドライヤーって地肌を乾かすんですか?
渡部さん:地肌というより根元を乾かすイメージで

     ドライヤーをかける。
     もちろん髪も乾かすけど

     地肌が乾いていることが大切。
次男坊 :あとシャンプーの選び方。これに関しては?
渡部さん:髪質によるので

     このシャンプーがいいという事は言えない。
     基本的に誰にでも合うシャンプーはない。
             なので自分では難しいと思うので

               美容師さんに髪質を聞いて

         そこからシャンプーを選ぶといい。
次男坊 :ちなみに市場で1番売れてるシャンプーは
     渡部さんにとって良いシャンプーだと思いますか?
渡部さん:さっきも言ったけど髪質によるので
     人気のシャンプーが良いとは言い切れない。
     結局、その人に合ってなければ意味がない。
次男坊 :ということはそれぞれに適した

     シャンプーを使用するのが理想なんですね。

     pieceさんで販売してるシャンプーは(写真)
     ドラッグストアで買うものと何が違うんですか?
渡部さん:いろいろ市販のものを使わせてもらったけど
     洗い上がりの手触りと香りかな。
     洗い上がりの手触りは

     使ってもらえばすぐに分かってもらえると思う。
     香料に関しては市販の方が

     ちょっと強いというか鼻にキツイ感じがする。
次男坊 :シャンプーだけでなく

     トリートメントも同じ事が言えますか?
渡部さん:そうだね。
次男坊 :トリートメントの話が出たのでここで一つ。
     トリートメントは完全に流したほうがいいんですか?
渡部さん:しっかり流してください。
     地肌につけないように、パックみたいなイメージで

     少し時間をおいてもいいかも。
     トリートメントは付けて馴染ませたら

     十分吸着しているので
     たとえしっかり流しても落ちることはない。
次男坊 :えーなんと!!

     残念ですが、時間がきてしまいました。

     まだまだ続けたいんですが…。


     これまでいろいろと聞いてきましたが
     今回は美容室でのシャンプーに焦点をしぼって
     お話していただきました。なかなかメインの

     カットやカラーやパーマのテーマでなかったので

     渡部さんにとっては少し物足りなかったとは思いますが
     私個人的にはシャンプーの話を聞いて

     美容業の本質を少し探れたような気がします。
     渡部さんはシャンプーは美容室の施術の中でも

     一番リラックスできるものであり
     “シャンプーは気持ちよさを重点に置いている”と

     おっしゃっていただきました。

     それを聞いてお客としても美容師さんと

     想いが繋がったような気がしてうれしかったです。

     そしてクリーニング師としても通じるものがあり

     とても有意義な時間にさせていただきました。       
渡部さん:改めてシャンプーに関しては技術者になってしまい
     シャンプーの回数が激減してしまったので

     私よりアシスタントさんの方が

     今回の取材にはむいていたかな?(笑)
     ただ言えるのはシャンプーする側の想いとしては
     とにかく余計なことを考えずに
     シンプルに気持ちよくなってもらいたいという姿勢で
     シャンプーに集中することに尽きる。
     美容室って滞在時間が長いから
     お客様を疲れて帰しちゃだめなんだ。
     長かったなぁ、疲れたなぁと思われるよりは
     楽になったなぁと思ってもらうことが大切で
     そう思ってもらうためには

     シャンプーは絶対に必要な時間になってくる。
     今はそこを掘り下げて

     ヘッドスパやマッサージもやってるけど
     それの入り口になってるのもシャンプーなんだ。

     だからこれからも今以上に

     お客様にとって良いものを

     どんどん追求し、提供していきたいと思う。
次男坊 :これからも“リラックス”できる技術と空間を
     たくさんの人に提供し続けてください。
     貴重な時間をありがとうございました。     
              

Hair`s Piece シャンプー

Pieceさんで今おすすめのシャンプー

Hair`s Piece 店内

椅子と鏡がとてももいい雰囲気


最後に次男坊は渡部さんの話を聞いて

洗濯屋の血が騒いだのか

何故かシャンプーをしたくなりました。

そこで渡部さんに無理やりお願いをして

アシスタントの遠藤さんの協力のもと

特別にシャンプーをさせてもらいました。

次男坊は美容師の免許を持っていて

実際何年か働いていて

シャンプーの経験はありましたので

早速、洗濯屋風シャンプーをやらせてもらいます。

 

Hair`s Piece 遠藤さん

 

 

Hair`s Piece アシスタントの遠藤さん。

次男坊は普段からPieceさんで髪を

やってもらっています。

いつも笑顔で迎えいれてくれる遠藤さん。

彼女の存在が

Pieceをとても温かい場所にしてくれます。

そしてとてもよく気の利く人で

施術、接客共にとてもリラックスでき

Pieceさんには大切な存在だと私は思います。

 

ということで今日はいつもとは逆に

そんな大先輩(?)の遠藤さんの頭を

次男坊がシャンプーしたいと思います。


タカハシクリーニング シャンプーの様子

思ったよりぬるめのお湯。

炭酸泉の触った感じは

あまり分からないが

炭酸泉という意識でやると

自然とすすぎも楽でした。

それよりも何十年振りのシャンプー。

遠藤さん、いろいろすいません(笑)

タカハシクリーニング シャンプーの様子

昔の記憶を辿りながらの流す作業。

とにかく大きくゆっくり、

だけどポイントを決めて

すばやく流すすすぎ方が

私のやり方でした。

洗濯もシャンプーもやはり

流し(すすぎ)がとても大切。

 

タカハシクリーニング シャンプーの様子

洗いは力加減が決まれば、あとはリズム。

遠藤さんが言っていましたが

シャンプーには“流れ”があって

その“流れ”壊さないで洗う。

例えば、洗っている最中に

洗っている手の動きが止まったり

手が頭から離れたりすると

そこで“流れ”が止まってしまう。

これが“気持ちよさ”のカギのようだ。


タカハシクリーニング シャンプーの様子

トリートメント。その後マッサージ。

これも同じで“流れ”だ。

そしてシャンプーで書かなかったが

リズムをつける上で大事なのが強弱。

マッサージも力の入れるポイントや

力を抜くポイントを抑えると

“気持ちいい”シャンプーができる。

タカハシクリーニング シャンプーの様子

もうギブアップ…。腰が痛い。

とにかく諦めずに

“流れ”を止めない為にも

気合で乗り切る。

タカハシクリーニング シャンプーの様子

タオルドライして、なんとか無事終了。

 遠藤さんは

『普通に気持ちよかったです』と

相変わらず気遣いのできる人でした。

とにかくシャンプーをやったおかげで

より“洗う”ことの奥深さを

実感できたような気がします。

ということでPieceのスタッフの皆さん

今日は本当にありがとうございました。



Hair`s Piece 外観

Pieceが一番大切にするのは、お客様の『髪と心の健康』です。
お客様のライフスタイルやニーズや髪の状態に合わせた

ご提案をして
毎日ヘアスタイルをできるだけ楽に
軽やかな気持ちで毎日を過ごして頂けるようサポートいたします。
その為に常に技術の追求をし
新しい情報を提供していきたいと思います。
閑静な佇まいの中、アットホームな空間でおくつろぎ頂けます。
どうぞお気軽にお越しください。
あなたのご来店心よりお待ちしております。


営業時間
AM9:00~PM7:00

定休日

毎週月曜日、第3火曜日


住所 :〒969-3527 喜多方市塩川町御殿場6-51
TEL : 0120-23-5913
URL :http://www.hairs-piece.com/
ご予約:ご予約の方優先です。
駐車場:無料駐車場あり